子供なのに目の下にクマがあるのはどうして?病気の可能性は?

大人であれば、夜更かししてしまったりパソコンのしすぎで目が疲れてしまって目の下にクマができることはあります。でも子どもなのに目の下にクマがあるのはどうして?と気になっている親御さんもいるでしょう。子供の目の下のクマは病気の可能性があるのでしょうか?

 

子供の場合には、目の下のクマは眼輪筋が動いていないことが原因かもしれません。眼輪筋の筋肉がうまく動いていないと血行不良になることがあります。これは小さなお子さんでも同じように起こることなのです。

 

この場合、初めは目の下は赤っぽいのですが時間を置くと青くなったり焦げ茶色になったりしてクマのように見えるのです。

 

では、なぜ目の下の色が濃くなってしまうのかといいますと、血行不良によって毛細血管の血液がにじみ出るようになって内出血のような状態になります。そこで子供の目の下のクマの予防や改善には眼輪筋のトレーニングが効果的です。

 

眼輪筋のトレーニングは眼科などでも教えてもらえますので一度相談してみるとよいでしょう。眼輪筋をしっかりと鍛えて動かすようにすれば自然に目の下のクマも薄くなりますので大人がトレーニングを教えてあげましょう。